본문바로가기

국가인권위원회 인권e

Download(Japanese)

You can download an Japanese version of the complaint form.

苦情を申し⽴てる⽅法

苦情を申し⽴て

次のようなケースについて、韓国国家⼈権委員会(NHRCK)に苦情を申し⽴てることができます。
万⼀に備えて
第10条から第22条の規定に基づく⼈権は、国家機関、地⽅政府、拘留施設、または矯正施設によって侵害されていま す。
万⼀に備えて
法律上の個⼈、組織または個⼈による平等の権利の侵害の差別的な⾏為が存在します。つまり、合理的な根拠がなく、性 別、宗教、障害、年齢、社会的地位、地域、国または民族的起源、⾝体的特徴、婚physical状況、妊娠または出産などの ⾝体的状態、家族の状態によって⼈が違法に差別されている場合、⼈種、肌の⾊、思考または政治的意⾒、刑罰の有効期 間が終了した犯罪歴、性的指向、または病歴。

誰が苦情を申し⽴てることができます

苦情が記⼊される場合があります
⼈権侵害および違法な差別⾏為に苦しめられた⼈による。 そのような違反や差別を知っている第三者が、影響を受けた⼈に代わって。

不利な治療の禁⽌

いかなる⼈も、請願書、陳述書、証⼈、資料の提出または返信を理由に、職務からの退去、別の地位への異動、懲戒処分お よび不当な取り扱い、または地位または待遇におけるその他の不利な措置の対象とならないこの法律の下で。

苦情を申し⽴てる⽅法

電話
1331(ソウルと京畿道)または02-1331(その他の地域)にダイヤルします
メール / 訪問
アドレス : Human Rights Counseling Center, National Human Rights Commission, 10th Floor Narakium Jeodong Bldg., 340, Samil-daero, Jung-gu, Seoul, Korea, 04551
ファックス
ファックス番号 82-2-2125-9811~2
E-mail
郵送、ファックス、および電⼦メールで苦情を提出する場合は、名前と電話番号を記⼊してください。 拘留施設または矯正施設の被収容者または受刑者が苦情を申し⽴てたい場合、(s)すべての施設でNHRCによって設置 された苦情ボックスを使⽤するか、NHRCに苦情を申し⽴てるために施設を訪問するようNHRCに要求することができま すNHRCのスタッフとの対⾯インタビューの後。
E-mail : hoso@humanrights.go.kr
위로가기